e翡翠ドットコム
        カテゴリ一覧
アンテナshop
着物 きものぬ〜ぼぅ 福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-18
 

 

翡翠マルコ・ポーロ、QRコード


ネットショップオーナー

 

 

 

     『勾玉とは』        まがたまの形の意味』          『勾玉・大珠』
      
                      
その他の形』         『国宝・重要文化財の勾玉』 
 

 『勾玉・大珠』

 縄文時代の華やかな遺物のひとつに、
   翡翠製の装身具がありますが、
中期における大珠
       
後・晩期の丸玉、小玉、勾玉はその典型です。

 これらの多くは孔が開けられていることから一般には「玉」と呼ばれ、
   紐を通して身体などに装着したものと想定されています。

 
   
この翡翠の玉は、列島各地の拠点となる
   集落跡から出土することでも知られています。

   縄文人は、その強靭な「硬さ」と色合いや形の「美しさ」
   求めたと考えられ、入手困難な
「珍しさ」と多大な労力を要する
   加工の「難しさ」はトップブランドとしての扱いを連想させます。

 

 縄文時代中期になると、様々な形状の垂玉が流布します。
        
   その多くは、長さあるいは径が5
cmを超える大振りの玉「大珠」で、
   後期前葉まで認められています。
        
   この大珠の形状も様々で、細長いタイプと球状に近いタイプに
   大別でき、前者は
「鰹節形」「不定形」「玉斧形」
   後者は
「緒締形」などと分類されます。

 また、孔の位置やその方向も多様で、
   中心あるいはやや偏った位置における短軸方向の穿孔を
   通例としますが、長軸あるいは長・短軸方向に
   穿孔した例もあります。

 なお、「不定形」とされる多くは採取した原石の形状を残しています。
   
   後期中葉以降になると
「丸玉」、「小玉」、「勾玉」などといった
  形状に分化するとともに、
「丸玉」は径1
cm前後、
 
「勾玉」の長さは2〜3
cm程度と小さくなります。

 このように、玉の形状は多様で、
   その呼び方も研究者によって異なります。

 

 縄文時代に様々な種類が見られた翡翠製品ですが、
    弥生時代以降は
勾玉が主流となります

 翡翠は、多くの有力者が求めた素材でしたが、
    限りある資源であり、その不足を補うかのように、
     弥生時代中期中頃以降はガラス玉が急増します。

  翡翠勾玉は、全長1〜2cm程度の小型のものが多いですが、
     4
cmを超える大型翡翠勾玉は弥生時代中期以降の
     出土品に見られます。

 

  勾玉というと、装身具のイメージが強いですが、
     弥生時代の大型品については一部、
     呪的遺物の扱いがなされたことが考えられます。

     
大型の製品を作り出すためには、
                            さらに大きな原石を必要とします。

転石や漂石という入手の偶然性を思うと、
     大きな
翡翠勾玉はそれだけで付加価値があったことでしょう。


 

             翡翠専門店マルコ・ポーロ

 

 

     『勾玉とは』        まがたまの形の意味』          『勾玉・大珠』
      
                      
その他の形』         『国宝・重要文化財の勾玉』 
 
 

翡翠関連 おすすめ商品
写真 商品名 売価(税込) 注文 詳細
翡翠 勾玉  透明感 紫  25.7mm、7.2g
翡翠 勾玉 透明感 紫 25.7mm、7.2g
0円
数量:
詳細を見る
翡翠 勾玉 高透明 とろ〜り 鮮翠・濃緑 17.1mm、2.1g
翡翠 勾玉 高透明 とろ〜り 鮮翠・濃緑 17.1mm、2.1g
0円
数量:
詳細を見る